工事資金の優遇制度

横浜市がけ地防災対策工事助成金


対象地域は横浜市内全域です。

個人が所有し、がけ崩れが予想されるがけ又はがけ崩れが発生し二次災害が予想されるがけで、移住用の建築に被害がおよぶおそれがある場合。

がけの高さが5m以上の場合は、工事費の3分の1を助成します。
(最高額400万円)

がけの高さが2m超5m未満の場合は、工事費の3分の1を助成します。
(最高額200万円)

当社では
がけ崩れ・擁壁無料診断サービス
の中でこの助成金制度の適用の有無を横浜市へ確認するサービスを
行っておりますのでお気軽にご相談ください。

助成金交付のここがポイント

・個人が所有する土地であること(不動産業者などの法人の方ではダメです。)


・居住用の建物に被害が及ぶおそれがあるところです。


・現況が「不適格擁壁」及び自然がけ地などで、がけ崩れの予防工事を行う方


・擁壁の築造に伴い、原則として平坦地が広がらないこと


・高さ2m超5m以内の場合は、工事費の3分の1、最高額200万円


・高さ5m以上の場合は、工事費の3分の1、最高額400万円


・対象工事は、「建築基準法及び宅地造成等規制法」に適合したよう壁等の 設置工事及びそれに伴う防災工事です。


・すでに工事に着手している場合は助成金制度の利用は出来ません。


問い合わせ

横浜市まちづくり調整局 指導部 宅地企画課

電話  045-671-2948


4yoboutaisaku